ホーム > 診療科目 > 心臓血管外科 > 循環器内科

診療科目

循環器内科のご案内

循環器内科は、心臓病、血管病の内科的な診断、治療を担当しています。
心臓、血管の病気すべてが対象ですが、特に、心臓の血管が狭くなったりつまったりする病気(冠動脈疾患)、心臓の弁の病気(心臓弁膜症)、心不全、不整脈が中心になります。
薬の治療(薬物療法)、カテーテルやペースメーカーなどを用いた治療(非薬物療法)、手術をうまく組み合わせて治療しています。
特にカテーテル治療(カテーテルという細長い管を使った治療)は心臓、血管ともに積極的に行っています。
大分市内で唯一、ロータブレーター(硬くて狭くなった血管を広げるドリルの様な道具)を使用できる施設認定を受けています。
最先端治療の心臓の動脈、末梢の動脈に対するエキシマレーザを使った風船治療(エキシマレーザ動脈形成術)を導入し、九州では初めてのエキシマレーザを先進医療として使える施設認定を受けています。
また、不整脈に対するカテーテル治療(アブレーション)を大分大学と協力して行っており、心臓ペースメーカーによる心不全の治療ができる施設としても認定を受けています。
また、病気の早期回復のために早期の心臓リハビリテーションにも力を入れています。
  • 医師 7名
  • 日本内科学会認定総合内科専門医 2名
  • 日本循環器学会専門医 4名
  • 日本心血管インターベンション学会指導医 1名
  • 日本心血管インターベンション学会名誉専門医 2名

【循環器科施設認定】

  • 日本循環器学会循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション学会研修施設
  • エキシマレーザ冠動脈形成術 先進医療
  • ロータブレーター
  • 心臓再同期療法(CRT)
  • 植込型除細動(ICD)

循環器疾患非薬物治療の4本柱

冠動脈疾患 薬物療法 冠動脈インターベンション(PCI) バルーン(POBA)
ステント
エキシマレーザ アテレクトミー(DCA)
ロータブレーター
エキシマレーザ
末梢動脈疾患 末梢動脈インターベンション(PPI) バルーン(PTA)
ステント
エキシマレーザ
不整脈 心臓ペースメーカー
アブレーション
植込型除細動(ICD)
心臓ペースメーカ
アブレーション
植込型除細動(ICD)
心臓再同期療法(CRT)
CRT-D
心不全 心臓再同期療法
(CRT)

循環器科手術実績 2015年度

手術内容 件数
心臓カテーテル 心臓カテーテル検査(CAG) 404
  経皮的冠動脈形成術(PCI) 227
  ロータブレーター 15
エキシマレーザ 3
  アブレーション(不整脈治療) 4
末梢動脈カテーテル 末梢動脈造影 6
  末梢動脈インターベンション(EVT) 170
バスキュラーアクセス
カテーテル
シャント造影 0
  シャント血管インターベンション(VAIVT) 104
静脈カテーテル IVCフィルター留置 9
  IVCフィルター抜去 1
  その他 5
心臓ペースメーカー手術 24
ICD(植込み型除細動器) 1
CRT-D(心臓再同期療法/植込み型除細動器) 5
ペースメーカー リード抜去 5

外来診療日

外来診療表

診察日は外来診療表をご覧ください。

医師紹介

医師のご紹介はこちらから

 

ご予約・お問合せ

お電話にてご予約を承ります。
大分岡病院コールセンター
097-503-5033
予約受付時間/8時~17時まで(日・祝日は除く)

診療受付時間

●JR鶴崎駅より徒歩5分
●国道197号線最寄バス停鶴崎駅前または鶴崎寺司より徒歩5分