ホーム > 個人情報について

個人情報について

個人情報保護に関する当院の基本方針

当院は、常日頃より患者さんの視点に立ち、質の高い医療の実現とよりよい患者サービスの提供を目標として、診療業務を営んでおります。患者さんの健康状態に応じて迅速に的確な医療を提供させていただくためには、患者さんに関する様々な医療情報が必要です。また、患者さんと確かな信頼関係を築き上げ、安心して医療サービスを受けていただくためには、個人情報の安全な管理が必須です。当院では下記の基本方針に基づき、医療情報の管理を行い、個人情報保護に厳重な注意を払っております。
1.
当院では、個人情報保護に関する法律を遵守し、それに基づいて患者さんの情報を管理しています。
2.
当院では、診療及び病院の運営管理に必要な範囲においてのみ、患者さんの個人情報を収集しています。また、その利用目的に関しては患者さんに予め明示しています。必要な情報の範囲に関しましては、医学的、専門的判断を必要とする場合もありますので、疑問な点につきましてはいつでも説明に応じます。
3.
当院では、患者さんの個人情報を適正に取り扱うために、責任者を置き、職員教育を行っています。
4.
当院では、患者さんの個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えいを防止し、安全で正確な管理に努めています。
5.
当院では、一部の検査等を外部の医療施設や検査会社等に委託する場合があります。この際、患者さんの個人情報をこれらの施設等に知らせる必要のある場合があります。このような事態において、当院では信頼のおける施設等を選択すると同時に、個人情報が不適切に扱われないように契約を取り交わしています。
6.
当院では、患者さんの健康及び生命を守るために、診療上、個人データを第三者に知らせる事が求められる場合も、その必要性を慎重に吟味し、できる限り患者さんの個人情報を保護するように努めています。
7.
当院では、患者さんやご家族の方々に病気と診療の内容を十分にご理解いただき、私たちと患者さんが共同して病気を克服し、より良い信頼関係を築くことを目的として、診療情報を積極的に提供しています。
8.
医師には診療情報の守秘義務が課せられているため、開示請求者は次に掲げる方に限られます。また法定代理人以外の方が開示請求する場合には、患者さん本人の委任状が必要です。なお、死亡した患者さんに係る診療情報の開示請求者については、法定相続人の方に限られます。
1 )
患者さん本人
2 )
患者さんの法定代理人
3 )
患者さんの診療契約に関する代理権が付与されている任意後見人
4 )
患者さん本人から代理権を与えられた親族
5 )
患者さんの世話をしている親族または縁故者
9.
診療記録等の開示については、次に掲げる事由に該当する場合には、開示請求に応じられない場合もありますので、あらかじめご承知おきください。
1 )
診療録等の開示が、第三者の利益を害する恐れがある場合
2 )
診療記録等の開示が、患者さん本人の心身の状況を著しく損なう恐れがある場合
3 )
診療記録等の開示が、不適当とする相当の事由がある場合 
10.
診療記録等のコピーの交付を希望した場合には、経費の実費額を請求させていただきます。
11.
個人情報及び診療情報の開示に関するお問い合わせは、下記までお願い致します。

医療情報課 村田 顕至     Tel : 097-522-3131  e-mail : okahim@oka-hp.com

平成17年4月1日制定
医療法人敬和会 大分岡病院
病院長

個人情報の利用目的

当院を利用する者の医療の提供に必要な利用目的

当院を利用する者の医療の提供に必要な利用目的

・当院で患者さん等(検診・健診・ドックを含む)に提供する医療
・医療保険事務
・患者さんに係る管理運営業務のうち、
—ご家族からの問い合わせに対応するための利用
—入退院等の病棟管理
—会計・経理
—質向上・安全確保・医療事故あるいは未然防止等の分析・報告
—患者さん等への医療サービスの向上

他の事業者等への情報提供

・当院が患者さん等に提供する医療のうち、
—他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
—他の医療機関等からの照会への回答
—患者さん等の診療等に当たり、外部の医師等の意見・助言を求める場合
—検体検査業務の委託・その他の業務委託
—家族等への病状説明
・医療保険事務のうち、
—保険事務の委託
—審査支払機関又は保険者へのレセプトの提出
—審査支払機関又は保険者からの照会への回答
—公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
—その他、医療・介護・労災保険、および公費負担医療に関する診療費請求のための利用
・事業者等からの委託を受けて健康診断等を行った場合における、事業者等へのその結果の通知
・医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
・第3者機関への質向上・安全確保・医療事故対応・未然防止等のための報告
・警察への捜査協力・救急隊への情報提供・裁判所からの問い合わせ

上記以外の利用目的

当院での利用

・医療機関等の管理運営業務のうち、
—医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
—医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・理学療法士・栄養士・医療事務等の学生実習への協力
—医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・理学療法士・栄養士等の教育・研修
—症例検討・研究および剖検・臨床病理検討会等の死因検討
—研究、治験及び市販後臨床試験の場合。関係する法令、指針に従い進める。
—治療経過および予後調査、満足度調査や業務改善のためのアンケート調査

学会・医学誌等への発表

—特定の患者・利用者・関係者の症例や事例の学会、研究会、学会誌等での報告は、氏名、生年月日、住所等を消去することで匿名化する。匿名化困難な場合は、本人の同意を得る。
〔他の事業者等への情報提供を伴う事例〕
・当院の管理運営業務のうち、
—外部監査機関への情報提供
—連携(サービス担当者会議等)、照会への回答

平成22年4月1日
医療法人敬和会 大分岡病院
病院長