ホーム > 病院概要 > 第三者評価

第三者評価

病院機能評価

病院機能評価とは、第三者評価によって医療機関が質の高いサービスを提供することを目的としています。
第三者評価機構である財団法人日本医療機能評価機構は、国民の医療に対する信頼を揺るぎないものとし、その質の一層の向上を図るために、病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関として、設立されました。
(一部、日本医療機能評価機構ホームページより抜粋)

大分岡病院は公益財団法人 日本医療機能評価機構から「病院機能評価ver.6.0」の認定を受けました。 病院機能評価とは、病院が組織的に医療を提供するための基本活動(機能)が適切に実施されているか、 調査者(サーベイヤー)が中立・公平な立場で評価項目に沿って、病院の活動状況を評価することです。 全職員が一丸となって病院の改善を継続し、医療の質や患者サービスの向上に努めた結果が評価され、 認定証が交付されました。今後も地域の方により良い医療を提供できるよう、努力してまいります。
評価結果は、こちらのページから覧になれます。